top of page

JoyIshii
Break Your Hypno

あなたに催眠をかけるのではない
あなたにすでにかかっている
催眠を解くのです

スプレー
DSC_0873.JPG
ショーが始まってからの一分一秒のすべては、最後のメッセージに繋がっている。それまで笑い、驚き、感動していた私たちは彼のメッセージを無視することができなくなるのだ。あらゆる自己啓発セミナーが矮小に感じ、物足りなく思えるだろう

​山田雅史

Break Your Hypno

もっと自分はできるはずなのに・・・

そう思ったことはないだろうか?

私たちは、人として生まれ、人として育てられ、成長し、人として死んでいく。

私たちは、自分が人であることを自覚することで、より人らしくなっていく。

社会で揉まれることで、人としての完成度を上げていくのだ。

生まれつき能力が高くても社会的経験が浅いと、半人前扱いされる。社会で揉まれることが、なによりも大事なのだ。

社会で揉まれるとはどういうことか?

“ 社会という催眠 ” にかかることだ。

社会の催眠にかかることで、他のみんなと同じように社会で生きるのに必要な一般常識を身につけるのだ。

そうすることで、ようやく一人前と認められる。

あなたが立派な社会の一員であるなら、それはあなたがしっかりと社会的催眠にかかっているということになる。

親から言われ続けて出来上がった自分像。

周りから貼られたレッテル。

肩書きや社会的な立場。

誰かの都合で作られた常識。

これらすべてが、あなたの可能性を押さえつけている負の催眠たち。

もっと出来るのに、いつも躊躇してしまう。

自分はこんなもんじゃないはず。

消極的な自分に嫌気がさす。

でも、そんな自分をなかなか変えられない。

もしそう感じているなら、あなたの感覚は正しい。

あなたの心は、あなたがもっと素晴らしいことを知っているのだ。

その心の声に従うか、現状を続けていくか。

もっと楽しく、もっと面白く、あなたもこの世界を、もっと自分らしく生きていきませんか?

Photo & Video

スクリーンショット 2024-01-02 10.14.31.png

ぼくはあなたの催眠を解く

ぼくの人生は、エンターテイメントから学んだもの、得たもので出来ています。

だから、ぼくはエンターテイメントの影響力をなによりも信じています。

世の中を変えるのは、教育でも政治でもなく、小説や音楽や映画や舞台のようなエンターテイメントではないかと思うのです。

ぼくがステージに立ち、表現したいこと、それは、ぼくらみんながいろいろな催眠にかかっていて、そのせいで本当の自分の力を発揮できずに生きているということです。

その催眠を解いて、もっとみんなを自由にしたい。

催眠ショーと言っても、催眠術を見せびらかしたり、芸能人に催眠術をかけて面白がったりという、よくあるテレビの催眠術とは、その目的もやり方も違います。

大事なのは、ぼくがいかに催眠をかけられるかではなく、みんながすでに催眠にかかっているということを知ってもらうことなのです。

ぼくはそのために催眠を使い、催眠の存在を知ってもらい(そこにはヤラセも仕込みも一切ないです)、そして、それぞれにかかっている催眠を解いていきたいのです。

自分にかかっている催眠を解いて、本来の自分で生きることを、ムーヴメントとして広めたいと思っています。

この考えに共感する人を増やしていくために、ぼくはステージに立ち、また、そうした人たちの催眠を実際に解いていく場を設け活動しています。

人生をもっと面白く、もっと楽しく、あなたも共にこの世界を生きていきませんか。

                            Artist, Stage Hypnotist JoyIshii

JoyIshiiサイン.png

Artist,
Stage Hypnotist

About JoyIshii

18歳で渡米し俳優活動。6年滞在後帰国。

27歳のときTBS特番「史上最強の催眠術師マーチン」の通訳兼アシスタントに抜擢され、一躍メジャーに。

NYで催眠セラピストプロ資格を取得。著名セレブたち多数の顧問カウンセラーとなる。その実績30年。

成功者たちのカウンセリングから構築したメソッド本27冊を出版。ベストセラー多数。

脚本、監督の映画「オトコタチノ狂」が韓国、香港の国際映画祭招待作品となる。

TVCM演出、CD制作、作曲、店舗デザインも手がける。

自身の特番「ココロノツボ」(フジTV)

コロナ禍の中、交錯する情報で混乱する人々を見て、負の催眠にかかっていることを憂慮。

2022年、“世界中の催眠を解く”というコンセプトを旗印に、 “Breaking Hypno” ステージを中心としたムーヴメントを始動。

IMG_1021_edited.jpg

blog

​ステージ創り、催眠を解くことの本音。

日本で催眠ショーをやると「自分はかからなかった」「あれはヤラセでしょ? 」こんな感想ばかり届く。エンタメだがら感想はお客さんの自由だけど、同じことをラスベガスでやっても、まずそんな感想は聞かない。面白いか面白くないか。感動したかどうか。それだけだ。我が国の受け取り方は、どうも頭でっかちで理屈っぼい。それが絶対ダメかどうかはわからない。でもぼくは、それじゃツマラナイんじゃないかと残念に思う…

Links

​動画再生245万回超え衝撃の催眠映像集!!

ステージライブシーンと催眠を解くメッセージ

From Back Stage and Joy's Message

  • Line
  • TikTok
  • Instagram
  • Youtube
bottom of page