FRANから独立したぼくは一応大学へ行くために英語学校に入った。 入国したときの観光ビザが学生ビザに切り替った。 でも、勉強嫌いのぼくは、最初のうちこそ通っていたものの、しばらくするとほとんど行かなくなった。 日本人がやたらと話しかけてくるのが面倒だった。 日本人の友だちなら日本で作ればいい。...
その頃ぼくは、 アメリカの養母FRANの家を出て、独りで暮らすことへのあこがれを日々募らせていた。 いつまでもFRANの庇護の下で暮らすことが窮屈になっていた。 恩知らず以外のなにものでもないぼく。 でも、安定や安心よりも、 アメリカの危険な香りと刺激に もっと接したいと欲していた。 単細胞な頭と心で、自由を求めていた。...
ぼくは小学生の頃から ハリウッド映画が大好きで いつの間にか誰よりも 洋画に詳しい少年になっていた。 東京渋谷に住んでいたから 小学生のときには 自転車で渋谷や新宿へ 友だちと一緒に映画館へ行った。 時には学校をサボって 一人で行ったこともあった。 アメリカへ渡ったばかりの頃のぼくは まるで英語が話せなかった。 お腹が空いて...
ぼくは18歳の時アメリカへ渡った。 最初は一ヶ月の予定だった。 復路のエアチケットは 一ヶ月後のものだった。 それが気づけば6年間という アメリカでの生活となった。 もちろん、自分がアメリカにいることに 6年の間無意識だったわけではない。 何度か帰国しようかと考えたり、 そのタイミングもあった。 でも、ぼくはそのままアメリカに居続ける...
ぼくはカウンセラーとして 長くキャリアを積んできていますが 実は自分では イメージ屋 というほうが ピンときたりするときがあります。 そのイメージ屋ジョイ石井の 腕の見せ所が カウンセリングと イメージングアカデミーです。 例えば アカデミーでは 受講生たちにこう問いかけます。 どんな自分になりたいか? この先どんな人生を歩みたいか?...
僕はカウンセラーとして二十五年以上 いつも潜在意識のことを考えている。 なんとも不思議な人生だなと思う。 僕はどちらかというと 現実的な人間だ と、自分では想っている。 目に見えないものは見えないし 宇宙と交信できたりするわけでもない。 でも、 それをいうなら 潜在意識だって目に見えないし 頭の上に広がる宇宙よりも 自分の内側に広がる宇宙に...
僕は 自己啓発とは違う、成功哲学では終わらない 25年のカウンセリング経験を積んだ 今だからこそ言える本当の幸せについて、 僕らの向かうべき道について 潜在能力を持つ僕らの真の意味について 追求してきました。 自己啓発は、 確かに望む成功を 手に入れることができるかもしれない。 でも、人生はそこで終わりではないのです。...
人生は、イメージ次第。 いま抱いているイメージ次第で、 この先の人生はどんどん変わっていく。 イメージするだけで? 正直、すぐには、信じられない・・・。 たいていの人が、 これに近い感想を抱くと思う。 多少信じているという人も、 本当の意味で 心から信じているわけではない。 イメージで人生が拓かれていくなら、 ぜひ信じたいと思っている・・・...
夢に正しいも間違いも あるわけがありません。 ただし、頭で考えて作り出した、 立派だけれど情熱の伴わない夢は、 すぐさま指摘していきます。 みんな本当の夢を持っているのに、 まだどこか頭で考えた夢を語ろうとする。 夢に対して 計算高くなってしまってはダメです。 気持ちは分かります。 私にだってそんな瞬間が 何度もあります。...
「KY」とは・・・ K空気 Y読めない そんな人を指している。 これってどういう心の状態なんだろうか? ボクらの周りには、このKYな人たちが結構いる。 人の反応や雰囲気が、視界に入らない人。 周りを気にしていないか、 周りの反応を間違って判断してしまっているか。 きっとボクだって、周りの反応を時には、 間違って受け止めてしまうこともあるだろう。...

さらに表示する