What's Imaging Life?

イメージングライフとは・・・

 

1,潜在能力を引き出して

最大限の自分で生きる人生

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetu.

 

2, 努力してなりたい自分になるのではなく

なりたい自分で今を生きる人生

Ut suscipit imperdiet Nisl, non vitae blandit.

 

3,大好きなお気に入りの自分で生きる人生

Ut suscipit imperdiet nisl hest tempor.

 

4,大好きなことをたくさん見つける人生

Ut suscipit imperdiet nisl hest tempor.

 

5,テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Ut suscipit imperdiet nisl hest tempor.


Clients

Consectetur adipiscing elit. Inscite autem medicinae et gubernationis ultimum cum ultimo sapientiae comparatur.

イメージングライフとは

 

イメージングライフとは

今を基準に

未来が創られていく生き方ではない。

  

イメージングライフは

素晴らしい未来を基準に

今を生きていく。

  

今を頑張って

少しでもいい未来を作るのではなく、

素晴らしい未来の自分を基準にして

今を生きていくから楽しい。

 

将来のために

努力してなりたい自分になるのではなく、

なりたい自分で今を生きていく。

 

それはズバリ

潜在意識を使うからこそ

可能な生き方だ。

 

潜在意識には時間の概念がない。

 

過去も今も未来も関係がない。

 

過去を想い出して後悔すると

今の心が暗くなる。

 

未来を楽しみにしていると

今が楽しくなる。

 

後悔や期待というイメージが

潜在意識に作用しているからだ。

 

常識に囚われていれば

常識的な未来を迎えるだろう。

 

親に従っていれば

親が与えてくれる未来が限界だろう。

 

社会のルールは大事だ。

 

その社会でうまく生きていくためには

従う必要もある。

 

でも、

気づいて欲しい。

 

社会のルールは

あなたの幸せを保証してくれるものではない。

 

親は子どもの幸せを考えている。

僕も親だからそう思っている。

 

でも、

残念だけど

それは親の思う幸せであって

子どもの幸せと合致しているかというと

それはわからない。

 

大抵の場合、

親の思う幸せは

子どもの求める幸せとは

ズレてしまっている。

 

小さな声 :

でも、

それは親が悪いんじゃないよ。

そういうものなんだ。

何世代も何世代も

それを繰り返していくんだ。

僕と親は違っていたもん。

きっと僕と子どもたちも違っているのだろう。

さびしいけど

時代によって幸せや生き方の価値観が

変わっていくのだから。

 

僕らはみんな

幸せになろうと試行錯誤している。

 

日々頑張っている。

 

だから

もっと幸せになろうよ。

 

あなたはもっともっと幸せになれる。

 

幸せになっていい人だ。

 

でも、

そのためには

もっと自分の心に聞くべきだ。

 

( どうしたい? ) って。

 

体の都合や

常識や

社会のルールや

親からしつけられたままの自分から

思い切って

自分を解放してあげよう。

 

その上で

心に聞いてみる。

 

( どうしたい? )って。

 

朝3時に目が覚めた

僕の心はこう答えた。

 

( 早く起きて新しい一日を始めたい! )

 

だから

僕は起きて一日を始めた。

 

心が求めることに従って行動を起こす。

 

それだけですごく幸せになれる。

 

いつもよりも早く一日を始めた僕は

いつもよりもたくさんの願望を

イメージングノートの

エゴリストに書いた。

 

こういう時の願望は

100%現実となって叶ってしまう。

 

心と潜在意識が

僕らの未来を保証してくれる。

 

あなたに勧めたい

イメージングライフです。

Awards

Mihi quidem Antiochum, quem audis, satis belle videris attendere. Hanc igitur quoque transfer in animum dirigentes.

お気に入りの大好きな自分は

完璧な人間ではなく、

完璧にイメージした通りの

なりたい自分で生きること。

 

その自分は

失敗もたくさんしてきた自分だし

落ち着きがなかったり

痛みに弱かったり

時々ズル休みもしちゃうし

 

つまり

人間なんだからね。

 

僕はそういう部分を認めつつ

でも、

 

もっともっとの精神で

なりたいあこがれの理想があるのです。

 

大好きな

お気に入りの自分で生きること。

 

大好きなことを

たくさん見つける人生にすること。

 

見つけた大好きなことに

心から本気で取り組んで

もっと大好きを感じること。

 

大好きな人たちと

たくさんの時間を過ごすこと。

 

大好きな人たちに

大好きだと想われること。

 

人生に何が起ころうとも

自分の夢を信じて

実現すること。

 

いまここに挙げた

幸せのためのすべてを

僕は

潜在能力を使って成し遂げる。

 

そう堅く自分に約束しています。

 

これこそが

イメージングライフ。

 

潜在能力を引き出して

最大限の自分で生きる。

 

愛されるお気に入りの自分で生きる。

 

それがイメージングライフです。

Publications

Tamen a proposito, inquam, aberramus. Non igitur potestis voluptate omnia dirigentes aut tueri aut retinere virtutem.

今日仕事へ行くと

どんな嬉しいことが待っているだろう?

 

もちろん

嫌になっていることから

ポジティブなことを探し出すのは

簡単なことではないかもしれません。

 

僕らの

心がネガティブな時は

湧いてくるイメージも

ネガティブなモノばかりになりがちです。

 

だからこそ

普段から

セルフイメージを高く保つことが

イメージングライフの中でも

とても大切なことなのです。

 

冒頭に書いた

状況にネガティブなレッテル

を貼らないこと

というのも

そういうことです。

 

ネガティブに決めつけると

ポジティブなことなんて

たとえ目の前にあっても

僕らには見えなくなってしまいます。

 

どうせいいことなんて無い。

どうせまた嫌な思いばかりしてしまうだろう。

 

こうしたレッテルが

楽しいこと嬉しいことを

見えなくしているのです。

 

心からお勧めしたいのは

イメージングメディテーション。※URL

 

10分間だけ

目を閉じて

深呼吸して

言葉に耳を傾けているだけで

心の中が

ネガからポジへと切り替わります。

 

酸性の土壌をアルカリ性へと

変えてしまえるように。

 

その土で育つ花の色が

青から赤へと変わってしまうように。

 

心がポジティブになると

そこから湧き出るイメージも

それまでとはまるで違うものになります。