恩知らずなぼくをヘッドライトが照らした

その頃ぼくは、

アメリカの養母FRANの家を出て、独りで暮らすことへのあこがれを日々募らせていた。

 

いつまでもFRANの庇護の下で暮らすことが窮屈になっていた。

恩知らず以外のなにものでもないぼく。

でも、安定や安心よりも、

アメリカの危険な香りと刺激に

もっと接したいと欲していた。

単細胞な頭と心で、自由を求めていた。

 

ぼくはいつもFRANに守られていた。

これ以上望めないくらい暖かく居心地が良かった。

それまでぼくは日本の両親にもこんな居心地の良さを感じたことがなかった。

 

でも、次第に、

籠の中の鳥のような気分にもなっていった。

もちろん大きな恩を感じていた。

ここから先の自分の身の振り方をFRANとは何度も話し合った。

 

でも、FRANはぼくの独立を理解しようとはしてくれなかった。

アメリカはあくまで異国だ。

言葉もまだ不十分だし、

独りで暮らしていくのはそんなに甘くない。

何より私にはあなたの面倒をみるというあなたの両親との約束がある。

 

FRANはぼくの独立に反対だった。

FRANには感謝していたけど、

ぼくはもう窒息してしまいそうだった。

そして、甘くないからこそ、独立することにあこがれていた。

 

ぼくは強硬手段に出た。

FRANの留守に出て行こうとした。

その日のぼくの挙動不審を見抜いて、

夜遅くの帰宅予定のFRANが

早めに帰ってきてしまった。

FRANの勘の良さに自分の立場を忘れて僕は感心した。

 

家の前で車に荷物を積んでいるところにFRANが帰ってきた。

あの時ぼくを照らしたFRANの車のヘッドライトを今も覚えている。

すごく気まずかった。

 

声を枯らして説得していたら夜が明けた。

FRANはあきらめてぼくを送り出してくれた。

 

期待と不安と罪悪感と根拠のない自信と、そして、抑えられない好奇心が混ざり合って、恩知らずのぼくは車のアクセルを踏んでいた。

 

ぼくは解放感で幸せなはずなのに、自己嫌悪と後悔の涙が流れていた。

正直、怖かった。

 

右も左も分からない世間知らずの籠の中の鳥が、制限の一切ない大空に放たれた。

 

 

・・・つづく