18歳でアメリカへ渡った

 

ぼくは18歳の時アメリカへ渡った。

 

最初は一ヶ月の予定だった。

 

復路のエアチケットは

一ヶ月後のものだった。

 

それが気づけば6年間という

アメリカでの生活となった。

 

もちろん、自分がアメリカにいることに

6年の間無意識だったわけではない。

 

何度か帰国しようかと考えたり、

そのタイミングもあった。

 

でも、ぼくはそのままアメリカに居続ける

という自分を選んだのだ。

 

なんのコネクションもないところから

ぼくのアメリカが始まった。

 

たくさんの出逢いがあった。

 

ゼロからのスタートだから、

全てが新鮮な出逢いなわけだ。

 

奇跡みたいな、運命的な出逢いも

たくさんすぎるくらいあった。

 

ぼくがジョイ石井を名乗るきっかけとなった

養子縁組の話もその運命的な出会いの一つだった。

 

ぼくのアメリカでの生活すべてに

責任と経済的サポートを申し出てくれた。

 

アメリカでの母親となってくれたFRAN。

 

そのFRANがぼくにJOYという

アメリカンネームを与えてくれた。

 

「あなたはどこに行っても

 何をしていてもJOYだから。

 あなたと会う人はみんなあなたから

 JOYをもらっているから」

 

こんな素晴らしい言葉を

他人から貰えたことはそれまでなかった。

 

20年生きてきたぼくにとって

最高の賛辞だった。

 

それは50年以上生きている

今の自分にとっても変わらず最上級の賛辞だ。

 

ネイティブアメリカンとも数ヶ月暮らした。

 

IOI(イオイ)と呼ばれた。

 

彼らスー族の言葉で

「笑う喜び」という意味だ。

 

ここでも「喜び」という名を与えられた。

 

少なくともその当時のぼくは

日本にいる時よりもアメリカにいる

自分のほうが合っていたのだろう。

 

伸び伸びと自分らしさを

発揮できたのだろうと思う。

 

ハリウッド映画ばかり観て育った

ぼくにとっての憧れのアメリカ。

 

そこにいるだけでぼくは

スーパーポジティブな自分でいられたのだ。

 

誰と逢っていても楽しかったし

相手にもぼくと一緒にいて楽しいと

感じてもらいたかった。

 

それが素晴らしい人たちとの出逢いを

次々に引き寄せた。

 

ぼくは幸せだった。

 

そんな自分を無意識に感じていたからこそ

ぼくは日本に帰ることよりも

アメリカにとどまるという選択肢を

いつも取っていたのだと今ならわかる。

 

すべてにスケールの大きいアメリカが好きだった。

 

そこで生まれそこで生きる素晴らしい人たちが

大好きだった。

 

でも、それ以上に

ぼくはあこがれのアメリカにいる自分が

たまらなく好きだったのだと思う。

 

 

 

・・・つづく