夢の定義

夢に正しいも間違いも

あるわけがありません。

 

 

 

ただし、頭で考えて作り出した、

立派だけれど情熱の伴わない夢は、

すぐさま指摘していきます。

 

 

 

みんな本当の夢を持っているのに、

まだどこか頭で考えた夢を語ろうとする。

 

 

夢に対して

計算高くなってしまってはダメです。

 

 

 

 

気持ちは分かります。

 

 

私にだってそんな瞬間が

何度もあります。

 

 

 

でも、頭で考えた夢はダメなんです。

 

 

 

時間がかかってもいいから、

心で恋する夢でなくては、

追っていても、たとえ叶ったとしても

幸せにはなれないという事実が明確にあるのです。

 

 

 

 

心によぎるモノを大事にするって、

実は簡単なことではないのかもしれません。

 

 

でも、あきらめずにそれを目指していきましょう。