イメージングで人を変えることはできるのか

イメージングで他人を変えることができるのか?

 

 

 

という質問をよく受ける。

 

 

イメージングは、自分を変えるためのツールだ。

 

 

ボク自身、カウンセリングやスクールを通して、

他人を変えているように見られるが、

クライアントやスクール生は、

変わりたいという願望を持っている人たちなので、

結局は自分で変わっていく。

 

ボクはそのサポートをするだけ。

 

 

 

では、

イメージングは他人を変えられないのだろうか?

 

 

 

変えたい相手というのは、

少なからずそう考える本人と

何らかの人間関係があるはずだ。

 

であれば、相手を変えるのではなく、

相手と自分との関係性を変えれば、

相手に対する感じ方や考え方が変わる。

 

こちら側の感じ方が変わるということは、

態度や姿勢が変わってくる。

 

接する姿勢が変わると、

間違いなく相手はその姿勢に合わせて

変わらざるを得ない。

 

つまり、こちらが変われば、

相手は必ず変わる。

 

 

 

キャッチボールをしていて、

こちらが位置を変えて後ろに下がれば、

相手は前に出てくるか、

届くように力を加えて投げざるを得ないのと同じだ。

 

 

 

さらに云わせてもらうと、

イメージングをマスターしていくと、

自分改革に欲が出てくる。

 

そうなると、

もっと自分磨きに力を注ぎたくなるので、

相手を変えようなどという

努力をしている暇など無い。

 

 

 

一生に一度の人生なんだから、

他人を良くするよりも、

自分がどんどん良くなった方がいいのではないかと

ボクは思う。

 

 

 

すごく利己的に聞こえるかもしれないが、

自己実現とは、正直、自己中心的な考え方だし、

なによりボクらの潜在意識は、

その持ち主であるあなたのためにこそ存在しているのだ。