いまよりも映画狂だった少年のぼく

ぼくは子供の頃から

映画狂だった。

 

ニューシネマパラダイスの

映画好きなトト少年が

まさに子どもの頃のぼくだった。

 

いまは

自宅に7.1chのホームシアターも備え

そこらの映画館には負けないくらいの迫力で

好きなときに映画を観る環境を整えている。

 

でも

子供の頃、

せっせと映画館に通い

大人たちに混ざって

大好きな映画を

何度も観ていた頃のほうが

 

胸を張って自分は映画狂だ!

と言えるような気がする。

 

ビデオもYouTubeもない時代。

 

映画は映画館で観るモノであり

TVで放映されている洋画は

すべて日本語吹き替え。

 

子どもながら違和感があった。

 

クリントイーストウッドが

日本語を話しているなんて

しかもルパンと同じ声で・・・

 

山田康雄の声のファンではあったけど

 

なんか変だなあ・・と。

 

 

慣れない手つきでおにぎりを握り

それを持参して朝から映画館に入り

夜まで同じ映画を何度も観た。

 

次は怖いシーンだと分かっているから

そこだけロビーに出て遊んでいた。

 

映画館のスタッフが

遊び相手になってくれたこともあった。

 

坊ず、

サンダーボルトっていう映画面白いぞ

 

なんて、

大人たちから映画情報をもらっていた。 

 

一日に4,5回連続で観るから

終わる頃には興奮してよく熱が出た。 

 

 

何度も観て憶えてしまった

好きな映画のシーンを

学校の仲間たちとリアルに再現するのが

すごく面白かった。

 

いわゆる"おままごと"なのだけど

おままごとの真似る対象が

家のお母さん、お父さんだとしたら

 

映画ごっこの真似る対象は

ロバート・レッドフォードや

ポール・ニューマンや

ブルース・リーだったわけ。

 

ハリウッドスターたちの演じる

ニヒルで格好いい役に

自分が成り切ることの楽しさ

心地よさは格別で

 

小学生だったぼくは

成り切って真似してるうちに

丸々映画すべてのセリフを

完全暗記してしまった。

 

それくらいの集中力と記憶力が

ぼくにはあったわけなのだが、

 

それらの能力が

勉強には一向に活かされないことに

親は歯がゆく思っていただろう。

 

でも、

 

そんな経験が

いまのイメージングライフに

大きく影響しているのは

間違いないと思う。

 

 

さて、

あなたは一本の映画を

演じきれるくらい

影響を受け、ハマったことってある?

 

 

ぼくらは自分の人生を

一本の大長編スペクタクル映画。

 

自分が主役のその映画の中で

ニヒルに格好よくオシャレに

自分を演じようと

試行錯誤しているのかもしれない。

 

そんなふうに考えて

理想の自分の役作りを

イメージングでしてみると楽しい。