ジョイという名前

人生の中には、

いくつかの転機があると僕は思っています。

 

ある出来事。一冊の本。一遍の詩。一本の映画。

そしてもちろん人との出逢い。

 

僕は

12月12日生まれのある人と出逢ったときに、

いくつ目かの人生の転機を迎えました。

 

私のアメリカの母です。

 

もちろん血は繋がっていませんが、

正式に養子にもらわれて、

国籍も一時アメリカ人となり、

彼女の家族の一員となりました。

 

JOYという名前は、

そのアメリカの母、FRANにつけてもらった名前です。

 

ほとんどの人は、

ニックネームかペンネーム、芸名くらいに

思われているでしょう。

 

正式に養子が認められた夜、

サンフランシスコの夜景が美しいホテルの最上階にあるバーで、

名前を授けてもらいました。

 

 

「JOY。私はこれからあなたをJOYと呼ぶわ。

あなたはいつでも周りに楽しさ(enjoy)をくれるから。

それに、仲良くなって初めて一緒にランチを食べた日に、

あなたは別れ際ハグをして

『Thank you for the joy』と云ったでしょう。

素敵な英語をつかう子だなと思ったの。

 

今まで私が知っていた日本人はみんな

『Thank you for your kindness』ばかりだったから(笑)」

 

 

僕たちは新しい名前に乾杯し、

僕は改めてJOYをありがとうと云いました。

 

 

すると、FRANは、

「いいえ、こちらこそ、JOY(喜び)をありがとう」

と私に云ってくれたのです。

 

FRANに云われた言葉が私の転機となりました。

 

僕は、応援してくださっているみなさんを感じている限り、

いつまでも周りにJOYを与え続けたいと改めて思っています。

 

それも、私の半径数十メートルではなく、

世界中が喜び(JOY)のイメージを大きく持てるように。

 

このブログを天国にいるFRANに捧げます。