ジョイという名を授けられた夜

 

人生にはいくつかの転機がある

とぼくは思う。

 

ある出来事。

一冊の本。

一遍の詩。

一本の映画。

そしてもちろん

人との出逢い。

 

ぼくは12月12日生まれのある人と出逢って

いくつ目かの人生の転機を迎えた。

 

アメリカでの母親となってくれた人。

  

JOYという名前は、そのアメリカの母

FRANにつけてもらった名前。

 

ほとんどの人は、ジョイというぼくの名を

ニックネームか芸名くらいに

思っているだろう。

 

実はFRANはぼくを養子に迎えてくれた。

その手続きを済ませた夜

夜景の美しいサンフランシスコのバーで

ぼくは正式にJOYという名前を

授けてもらった。

 

 

私はこれからあなたをJOYと呼ぶわ。

あなたはいつでも周りを

enjoyさせてくれるから。

それに、あなたと初めてランチした日

あなたは別れ際にハグしてくれて

『Thank you for the joy』と云ったでしょう。

すごく素敵な英語を使う子だなと思ったの。

今までの私の知ってる日本人はみんな

『Thank you for your kindness』

ばかりだったから(笑)」 

 

ぼくらは新しい名前に乾杯した。

 

JOYという名前をありがとう

とぼくは感謝を伝えた。。 

 

すると、FRANは、

 

いいえ、こちらこそ、JOY(喜び)を

ありがとう。

と云ってくれた。

 

FRANに与えてもらったJOYという名が

ぼくの人生を変えたのかもしれない。

 

いつまでも自分の周りに

JOYを与え続けられたらと

思うようになっていた。

 

それが半径数十メートルの"周り"ではなく

その半径をどんどん広げていって

世界中にJOYを広げたいと。

 

世界中の人たちがもっとJOY(喜び)の

イメージを大きく持てるような

何かをしていきたいと

思うようになっていった。

 

この想いをいま天国にいるFRANに捧げる。